コンテンツ
ヘッダ

〜メイドイン熊野の衣食住&量り売り〜 木花堂のBlog

熊野の自然・風土を素材、またはテーマとして産みだされた生活必需品や生活雑貨を、量り売りまたは過剰包装なしで販売する、熊野の海沿いの小さなお店です。
クラフト(手工芸品)作品や、暮らしの道具から、調味料や乾物まで、「暮らし」をテーマにメイドイン熊野を集めています。
・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。

カレンダー

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文

一定期間更新がないため広告を表示しています

記事続き
タイトル
タイトル
神社と、カレーと、藍染
記事本文


少し前に告知させていただいてた、作家であり宗教人類学者の植島啓司先生をお迎えしてのセミナー「聖地・熊野の不思議を語る」、私も参加させていただき、無事開催されました。すばらしい体験でした!(詳しくはKUMANO JOURNALの方のブログをどうぞ。) そしてそのなかでも大きく話題にあがった、赤倉の丹倉神社、11日の写真。グリーン・ツーリズムのガイドでお客様をお連れしました。
       

ご神体の巨岩に宿る木々
      

育生町のカフェ―カフェ「ちゃや」の、石焼ジビエカレー。


午前中は、赤倉のトレッキングのガイド。午後は、藍染工房そめやなないろさんのところへ。藍染体験中。
      

薪ストーブに広葉樹の枝をくべる。広葉樹の薪と、枝葉から出る灰は、藍染めに必要なのです。
     

木花堂は、火・水・木は定休日で、休みの日は何をしているの?とよく聞かれます^_^;
  
なかなかブログアップができていないのですが、一人で切り盛りしているものですから、定休日には主に仕入れや支払、そしてKUMANO JOURNAL関係のお仕事だったり、この日のようにガイドになる日もあったり、そして合間、合間に適度に休んだり、遊んだりしております☆ 木花堂のHPも、KUMANO JOURNALのHPも、なかなか完成形まで到達しませんが。。。一歩一歩、休んだり、遊んだりしながらも確実に歩みを進めていきたいと思います。今年もあとわずか!テーマは、「努めて、力まずに・・・」
   
     
     
   
Hej hej  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

記事続き
前後の記事
<< 12月、年末年始の営業について | TOP | [衣] 熊野古道の森からの贈り物 『尾鷲ヒノキの木珠ブレスレット』が、とどきました☆ >>
タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文
記事続き

Comment

コメント送信

Trackback

右サイドバー1
タイトル

検索

本文


タイトル

プロフィール

本文
タイトル

フリースペース1

木花堂のホームページ
下のロゴをクリックすると、ホームページへリンクします。
タイトル

フリースペース2

つぶやき
タイトル

リンク

本文
タイトル

モバイル

本文
qrcode
タイトル

アザーズ

本文
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR.  (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.