コンテンツ
ヘッダ

〜メイドイン熊野の衣食住&量り売り〜 木花堂のBlog

熊野の自然・風土を素材、またはテーマとして産みだされた生活必需品や生活雑貨を、量り売りまたは過剰包装なしで販売する、熊野の海沿いの小さなお店です。
クラフト(手工芸品)作品や、暮らしの道具から、調味料や乾物まで、「暮らし」をテーマにメイドイン熊野を集めています。
・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。

カレンダー

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文

一定期間更新がないため広告を表示しています

記事続き
タイトル
タイトル
[衣] とある山間集落の「みみずく工房」から。鹿角アクセサリーや市木木綿の小物など入荷♪
記事本文


熊野のとある山間集落の「みみずく工房」さんの商品が新しく木花堂に並びました。メインは、鹿の角をつかったアクセサリーや小物です 鹿の角を利用したものがほしいなぁと考えていたところ、出逢うことができました。かなり丁寧につくられています。
   
鹿は春先に角が抜け、新しく生え変わります。そうして山に落ちている鹿の角で、つくられたネックレスやキーホルダー。鹿の角は伸びるスピードが速いので、生命力の象徴として、お守りなどにして大切にする土地も世界各地にあるそうですよ。
   

       
今、日本各地の山間集落では、増えすぎた鹿やイノシシの獣害による作物の被害に悩まされています。
ここ熊野でも、例外ではありません。
   
・シカの天敵(狼は絶滅)が減った、
・山が杉やヒノキなどの針葉樹ばかりになり、餌になる木の実をつける広葉樹が減った
・山の管理を怠り、人里との境界が無くなった
・そのため人里に下りてきて畑の作物を食べるようになった
・人の食べ物は栄養価が高いので、子鹿ももりもり成長☆
  
そんなわけで、ものすごく増え、獣害として駆除されているのが現状です。せっかくの命、大切にしようと、鹿肉を食べるジビエ料理が見直されている昨今。山里民泊あかくら のオーナーも、猟師なので、この宿で鹿肉をお出しすることもあり、私も美味しくいただいたことがあります。
    
山の中を車で走っていると、時々出会う鹿はつぶらな瞳でこちらをじっと見てから、山の中へ逃げていきます。獣害問題はいますぐどうこうできる問題ではないですが、鹿が敵ではなく、山の環境、人の生活、共生のバランスが戻る日を願いつつ。。。彼らがここ熊野の山にも生きている証、息吹を感じられるものとして、お店に訪れるみなさんに触れていただければなぁと思います。
   
  
みみずく工房さんからは、市木木綿でつくった商品もお持ちいただきました。
   

ミニバックと、箸袋! カタチがかわいい☆
  

箸袋の留めは、鹿の角ですヨ。
   
   
   
   
ぜひぜひ、店頭にてご覧ください☆


Hej hej  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

記事続き
前後の記事
<< 雑誌「ふーどら」の第8号が発売♪ 木花堂のコラムも3回目、藍染について。 | TOP | [ M u s i c ] 東日本大震災 チャリティーオムニバスアルバム" JAPANESE SPIRIT" >>
タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文
記事続き

Comment

コメント送信

Trackback

右サイドバー1
タイトル

検索

本文


タイトル

プロフィール

本文
タイトル

フリースペース1

木花堂のホームページ
下のロゴをクリックすると、ホームページへリンクします。
タイトル

フリースペース2

つぶやき
タイトル

リンク

本文
タイトル

モバイル

本文
qrcode
タイトル

アザーズ

本文
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR.  (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.