コンテンツ
ヘッダ

〜メイドイン熊野の衣食住&量り売り〜 木花堂のBlog

熊野の自然・風土を素材、またはテーマとして産みだされた生活必需品や生活雑貨を、量り売りまたは過剰包装なしで販売する、熊野の海沿いの小さなお店です。
クラフト(手工芸品)作品や、暮らしの道具から、調味料や乾物まで、「暮らし」をテーマにメイドイン熊野を集めています。
・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。

カレンダー

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文

一定期間更新がないため広告を表示しています

記事続き
タイトル
タイトル
2013 あけましておめでとうございます。
記事本文


あけましておめでとうございます!
昨年も、ほんとうにたくさんの方たちにお世話になり、無事新年を迎えることができました。本当にありがとうございます。太陽に感謝。みなさんに感謝。な初日の出を、実家で拝みました。
  
2012年は最強に早かったなぁ。。。
「To DO」に翻弄されながら、あたふたと終わっていったかんじ。
「がんばってるね」と言われると、ちょっと困惑してましたが、きっと、「頑張ってる」ように見えてたと思います。実際、「頑張」らざるをえなかった。
でも2013年は、頑張るっていうより、もっと「工夫」しよう!と思います。
努めて力まずに。。。
    
本日4日より通常営業しております。
今年もよろしくお願いいたします(●^o^●)
      
    
   
   
Hej hej  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/



    

   

記事続き
タイトル
タイトル
神社と、カレーと、藍染
記事本文


少し前に告知させていただいてた、作家であり宗教人類学者の植島啓司先生をお迎えしてのセミナー「聖地・熊野の不思議を語る」、私も参加させていただき、無事開催されました。すばらしい体験でした!(詳しくはKUMANO JOURNALの方のブログをどうぞ。) そしてそのなかでも大きく話題にあがった、赤倉の丹倉神社、11日の写真。グリーン・ツーリズムのガイドでお客様をお連れしました。
       

ご神体の巨岩に宿る木々
      

育生町のカフェ―カフェ「ちゃや」の、石焼ジビエカレー。


午前中は、赤倉のトレッキングのガイド。午後は、藍染工房そめやなないろさんのところへ。藍染体験中。
      

薪ストーブに広葉樹の枝をくべる。広葉樹の薪と、枝葉から出る灰は、藍染めに必要なのです。
     

木花堂は、火・水・木は定休日で、休みの日は何をしているの?とよく聞かれます^_^;
  
なかなかブログアップができていないのですが、一人で切り盛りしているものですから、定休日には主に仕入れや支払、そしてKUMANO JOURNAL関係のお仕事だったり、この日のようにガイドになる日もあったり、そして合間、合間に適度に休んだり、遊んだりしております☆ 木花堂のHPも、KUMANO JOURNALのHPも、なかなか完成形まで到達しませんが。。。一歩一歩、休んだり、遊んだりしながらも確実に歩みを進めていきたいと思います。今年もあとわずか!テーマは、「努めて、力まずに・・・」
   
     
     
   
Hej hej  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

記事続き
タイトル
タイトル
更新遅いですが、、、日和祭!ありがとうございました。(長い報告です)
記事本文

11月4日(日)に開催された日和祭(熊野の衣食住と音楽の祭 〜熊野市神川町ですごす1日〜」の
ご報告が遅れていましたが、無事、すばらしいイベントとなりました。お越しいただいたみなさま、ありがとうございました!11時OPENと同時に、あっというまに、がっこう(神川みんなのがっこうぷろじぇくと)の玄関が靴で溢れかえり・・・スタッフはみんな、アタフタ(笑 嬉しい悲鳴をあげました。
      

↑ 主催の「創作レストラン日和」さんも、すぐに大忙しに。しばらく、行列は絶えることがありませんでした!1日中走り回っていた、日和の中尾友美ちゃん、本当におつかれさまでした。助っ人のSちゃんとHさんとのコンビも最高。神川のお父ちゃん・お母ちゃんたちも、美味しい美味しいと言ってたね〜

             

私、木花堂もこんなふうに ↑ 外で出店。左側のカラフルなのは、お店でステンドグラスのランプやアクセサリーを置いてくださっている玻璃坊さんお手製の、アクリルダワシ。葉っぱ型なので木にひっかけてみました☆(当日ボランティア手伝いもありがとう!!) そのほか、尾鷲ヒノキのタワシや、赤倉のお茶や、新鹿のヒジキを量り売り。
      

↑ 赤倉水産/山里民泊あかくら のアマゴの一夜干しやカラスミ、Cafe lotusのカレー&ホット生姜&有機野菜たち、シャシャマニのグリーンカレーや小物たちなどで外もワイワイ。
       

↑ 玄関ホールにはまず、西川映像芸術研究所 による、映像と、熊野の音が響く。
       

↑ 校長室は、Oasis Chris (尾鷲の田岡商店若旦那)の、DJブースに!(田岡商店の、お魚製品も隣で販売 笑) がっこう内と、校庭に、心地よい音楽が響きました。受付は、新宮のCちゃんが担当♪ 夜のbirdライブのチケット引き換えなどで大忙し。
       

↑ 職員室は、カフェ&フードスペースに。Cafe bougie のコーヒーと、塚田農園の、タコライスやミネストローネ。。。♪ 壁には一面、数年前に大学生たちが神川に訪れて作成した、神川の文化を紹介するポスターが張ってあります。神川の水源、神川の畑事情・・・etc、が楽しめます。
     

↑ コンピューター室は、休憩・カフェスペースに。壁は一面、写真作家Ricaさんによるギャラリー空間となっています。昨年の「神川アーティストインレジデンス展 とある神川のものがたり」で展示された榎本ひささんたちによる絵画も飾ってありました。
  

↑ 理科室は、雑貨スペースに。Garden Breadのパンや雑貨、hanaの雑貨や洋服が、理科室の小物とマッチして、不思議可愛い空間になっていました。
   

↑ ふれあい教室(別名 関口ホール)は、妙水療法院の、マッサージ&リラクゼーションルームに。ストーブもたいて、お茶も飲める、あったかい癒しの空間になっていました。
    
教室方面へ足を運ぶと・・・
     

↑ 雑貨やお菓子、パンのスペースで、大賑わい。パン工房つくんこの可愛いパン、 isanaの雑貨やアクセサリー、cyucyuの布小物、Mintの革小物、幸輝ハウスによる住宅雑貨やものづくり体験、キタガワノホトリから駄菓子、カフェスケールの焼き菓子などなど、宝箱みたいな空間になっていました!
   
あと、この奥に、元保健室だったところで御浜町のアロマトリートメント「Tree」さんがリラクゼーションルームをOpenしていたのですが、私は写真を撮ることができず(汗 誰かからもらったらupします!
   

そして新姫ちゃんも登場 すごいよ新姫ちゃん効果!子どもたちエキサイト。
      

   

がっこう内に、そして校庭にこれだけの人が集っている光景を見ていて、なんだか感動。
   

玄関ホールに、これまでの神川みんなのがっこうぷろじぇくとの関係のイベント写真や、神川町のいいところの写真を掲示しました。そして、「山城とーさんとめぐる、神上町ツアー」も開催♪ この漬け物樽の上に名簿を置いて、予約者を募ったところ、5名様のお申込みがあり、山城とーさんと一緒に、がっこうの周りのいいところを巡っていただきました。帰ってきたみなさんに話を聞くと、どなたかのお宅でお茶をごちそうになったり、大根をもらったり、神川町らしさを満喫したようでした。
   

そして元講堂では、着々と、夜のbirdアコースティックライブに向けて準備中・・・ アーティストさんたちの提案により、急きょ、アーティストを囲んでの円型ステージに。理科室にあった謎の高い釣りスタンドに、急きょ町の人に頼んで貸していただいた電球・・・etc、いろんな奇跡が重なって、素晴らしい空間ができました。
   

そして外は、行列。
 
お客さんが外で待っているのは寒いだろうと、神川町のかたたちが、暖かい茶がゆ(里いも入り)をふるまってくださいました.。o○
   

そして、17時。日が沈んだ頃、bird×江川ゲンタ(Per)×樋口直彦(G)によるスペシャルアコースティックライブ開幕・・・。旧神上中学校「がっこう」の講堂で、豆電球の灯りのもと、ストーブの上に置いたヤカンがカタカタ音をたてるなか、アーティストさんたちと、お客さんの距離が普通考えられないほどに近く、すごく幻想的な時空が生まれていました。
  
私はそんな様子を見ながら、歌声と音楽に酔いしれながら、入口付近にいました。道に迷って遅れてくる方がいて、時々ライブを抜けたりしたのですが、それでもこれまでの「日和」さんの開催までの努力や、こういったイベントが神川町で開催できたことについての神川町のみなさんへの感謝など、いろんなことが頭をよぎり、胸がいっぱいでした。それがなくても、素晴らしい音楽でした。あのような音楽を、熊野の山奥のすてきながっこうで聴くことができるなんて。終わってみても信じられない気分。夢?
  
長くなりましたが、それでも書ききれない、、、載せきれないイメージは、日和祭ホームページのほうへ徐々にupしていこうと思います。
  
主催である日和の中尾友美ちゃん、こんな企画を思いつき、実行してくれてありがとう。参加できてヨカッタ。そして、実行委員会のメンバー(東京のさいちゃん、salt graphicしおっち、石本果樹園のみかんくん、新宮のChiakiちゃん、Hさん、妙水療法院の斉藤さん)、神川町のみなさん、本当に本当にお疲れさまでした!!!そしてそして、birdさん&ゲンタさんなどアーティストのみなさん、来て下さったお客様のみなさん、山奥のくねくね道を超えて音楽を届けにきてくださり感謝感激ありがとうございました!!!
     
   
  
Hej hej    
       
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  
http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  
http://kumanojournal.jimdo.com/


    
   
   
記事続き
タイトル
タイトル
日和祭の準備(掃除)で「がっこう」へ。
記事本文


11月4日(日)に開催される日和祭(熊野の衣食住と音楽の祭 〜熊野市神川町ですごす1日〜」の前に、大掃除をしよう!ということで神川町のがっこうへ。
    
出店者や協力者、そして町の人が集まって、大掃除しました。
   
外では雨の中草刈りも。。。町の方たちと一緒になって、この「がっこう」を綺麗にすること。イベント毎に、ちょっぴり感慨深いものがあります。
   
詳しくは、KUMANO JOURNALのBLOG「がっこうぷろじぇくと」
   

 
まだこのがっこう(神川町旧神上中学校 休校中)を訪れたことのない方のために、何枚かスナップ。
   

   
日和祭 ホームページはこちら
    

    
:出店舗一覧:
   
日和(創作レストラン)
木花堂 (メイドイン熊野の衣食住&量り売り)
パン工房つくんこ
石本果樹園
CAFE Bougie
Garden Bread
hana*
妙水療法院(あん摩、マッサージ)
西川映像芸術研究所(映像)
   
   
   
  
  
isana(雑貨、アクセサリー)
塚田農園(フード、雑貨)
赤倉水産/山里民泊あかくら
トゥクトゥクで神川町 周辺をドライブ
cyucyu(布小物
mint    (革小物)
幸輝ハウス
キタガワノホトリ (駄菓子、ミニ縁日、カフェスケールの焼き菓子、ma'amの雑貨)
Rica   (写真)
DJブース@ Oasis Chris 
Tree(アロマトリートメント) 




   
   
:メインイベント bird アコースティックライブ:
チケット残り少なくなってきました。お急ぎください。
  
bird オフィシャルホームページ
    


みなさんぜひ遊びに来てください♪
  
  



 
 
 Hej hej
   
       
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  
http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  
http://kumanojournal.jimdo.com/

記事続き
タイトル
タイトル
台風が過ぎ、やっと秋、秋と言えば・・・
記事本文


先日の台風、みなさんは被害などなかったでしょうか?熊野方面についてもたくさんの人から心配の声をいただきましたが、大きな被害はなく一安心でした。とはいえ、まったく被害がなかったわけではなく、例えば、当店で販売している、「熊野の赤倉茶」の産地である赤倉のアマゴ養殖場では、7月の台風の被害から設置している仮設ポンプがまた流されたりと、大変だったようで(+o+)  それ自体も、昨年の台風12号の2次被害でした。
   
そして木花堂では看板が壊れてしまいました(+o+) 横向きにチョコンと出ていたこの看板、今はありませんので、目印にされていたかた、なにとぞお気をつけください。
   
もう台風が来ないことを祈りつつ、やっと今日から少し涼しくなりました。そしてこの季節の楽しみといえば!! マツタケ?→ ありつけたらラッキー 
       秋刀魚? → 熊野では、サンマは冬のものです 12月くらいから旬。
   
今はコレです!マコモ☆

こちらは先週、初モノをいただきました。当店のヒジキから出る藻塩でいただきましたよ。グリルで皮ごと焼いて、かぶりつくのが一番スキ。今夜は七輪で焼こうかなっ?(^<^)
         
旬の味覚を堪能したら、窓から入る夜の涼しい風と、鈴虫の音を聞きながらの夜の時間。冬至に向けて、どんどん夜が長くなっていくこの季節・・・ 在庫が少なくなっている、「熊野のニホンミツバチのミツロウキャンドル」 の補充をしたい!と、昨夜は、蜜蝋の精製をしました。本当に天然ものの巣から精製するので、最初はけっこうグロくてお見せできません(^_^;)
     

いい色。今夜、これをもう一度湯煎に溶かしてキャンドル作りをする予定です。
   
   
   
   Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

   


記事続き
タイトル
タイトル
今日の海は青かった。
記事本文


今日は天気も良く自転車でお店へ出勤。七里御浜を眺めながら・・ひときわ青い海。
5月の海の色。
  
熊野市駅前で、市をあげてのビッグイベント「オール熊野世界No.1フェスティバル」というのがあったので、出勤前にちょっと寄り道。
(イベントの模様は、熊野市駅前特産品館さんのブログをどうそ。)
  

お目当ては、コレ。新鮮なアマゴをつかって、赤倉水産の奥さんの気分がのったときに、作られるアマゴのお寿司♪ 大好きなのです。
  

神川町の料理上手なお母さんたちのグループ・おもてなし隊による、桜の寒天。おいしかったし、桜の香りがすばらしい。神川の桜を思い出すなぁ
   

そして、家具工房kigumiさんの定番・どんぐりストラップのミサンガ付をGET。娘さんが編んだものだそう。
       

常連のお客様がもってきてくださったご自宅の庭のハーブ。イタリアンパセリはまるで野菜のようにすくすく育ったもの。黄色い花は春菊の花。こういうの、すごくうれしい。
   
今日もありがたかった。
   
   
   
  
  hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
   

記事続き
タイトル
タイトル
金環日食、2012
記事本文


みなさんは、見られましたか? 
  
ダメかと思われましたが、八咫烏さんが現れたのか、太陽と月が重なって雲からのぞいてくれましたね♪ 太陽系を感じる、感動的な光景でした。
  
KUMANO JOURNALのほうの記事もよかったらご覧ください。
   
金環日食メモリアルTシャツ、サイズに限りがありますが、まだ少し在庫あります♪
思い出に、お土産に、いかがですか?
地域外発送の場合は、送料350円で発送することもできますので、お問い合わせくださいませ。
詳しくは、こちら
  
konohanado@g-mail.com ※@を半角に変えて送信してください。

  

●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

記事続き
タイトル
タイトル
トゥクトゥク、スーパームーン、酵素ジュースな黄金週間。
記事本文


黄金週間・・・みなさまはいかがでしたか?木花堂は、5月2日以外は開けているという、珍しい感じでがんばって営業しておりました。まだまだPR不足であるにもかかわらず、思いのほか多くのお客様に足を運んでいただき、目まぐるしくも楽しく、営業することができました。ありがとうございます♪
  
さて。せっかくの唯一の休み・5月2日は、ここ熊野は猛烈な嵐でどこにも行けず(泣 カッパを着こんで、銀行回り。少しくらいは、ゴールデンウィークっぽいことしたいと、5日の夜、ちょうどスーパームーンと呼ばれる満月の日に、新鹿海岸のキャンプ場でキャンプ♪♪ 前回のキャンプは、神川町でのマイナス2度でのキャンプだったので、今回は快適でした(笑 
  

キャンプの参加メンバーの1人の愛車は、なんとトゥクトゥク!!!!!!
そうです、タイでぶいぶい走り回っているアレです。可愛すぎです!!
    

トゥクトゥクがお店の前に停まっていると、国道を走る車のドライバーがみんな「えっ」て顔して、木花堂の方を向いてくれます(笑
  

バックには思い切り「THAILAND」って書いてある(笑 このトゥクトゥクのオーナーさん、実は四日市出身なのですが、東紀州&熊野大ファンが高じて、この5月から、紀宝町の石本果樹園に就職されたのです!さわやかに風をきって、一足先にキャンプ会場へ走っていきました。気持ちよさそう〜
  

月明かりのもと、ほんとーにきもちのよい、夜でした。おいしいお野菜とお米と、笑いと、月明かりと、波の音と、少し南のにおいがする音楽と。これらがあれば、いい。
  

新鹿海岸に打ち上げられていた流木を焚火用の台の上で燃やしました。昨年の台風による流木の被害は、新鹿は比較的軽度でしたが、それでも小さな流木が無数にあり、海水浴で裸足で歩くのは危険な状況。翌朝起きると、地元の人らしきかたが、集めた流木を少しずつ燃やしていました。海水浴のみんなのために、コツコツと作業されているようでした。
   
怒涛の黄金週間が終わり・・・5月8日は、久しぶりにまっとうな休日。かねてから参加予定だった、酵素ジュースのワークショップに参加してきました。酵素ジュースは、3年前に、とある場所で口にして以来、いつか自分で作りたいと思っていた、「春の野草の酵素ジュース」です。
  
酵素ジュースづくりについては、別記事にします。こちらをどうぞ。。。
  
 
(↓ マレー半島縦断一人旅をしたときの、タイのトゥクトゥク)


 
Hej hej  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/




記事続き
タイトル
タイトル
熊野の新緑むくむく。
記事本文


色づいてきましたよ〜 熊野ではこれからが新緑の本番!?です。
黄金週間・・・ゴールデンウィーク頃には、もっとくっきりはっきり、濃い緑、薄い緑、黄緑のいろんな緑のパッチワークに、シイやクリの木の、黄色い花が咲いて、めーーーーーーっちゃきれいなんです!植林の森ではこうはなりません。雑木の森がこうなります。山間部でも、たまに見かけるけれど、やっぱり特に目を惹くのは、この時期の海沿いの森です。こういう森の養分が海に流れて、魚がよく集まるので「魚付林」と呼ばれ、昔から海沿いの森は漁師さんたちに大切にされてきたんだそうです。熊野には、魚付林がよく残っています。上の写真は、木花堂の店の前から見える、鬼ヶ城方面。この時期は、ワクワクします。
  

こないだの嵐で、看板の木が取れてしまって、今、「八花堂」になっちゃってますけど。。。ゴールデンウィーク中は、5月2日以外はOPENしています。ぜひ!
   

Hej hej  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
   
   

記事続き
タイトル
タイトル
神川ふれあい桜まつり@桜色の木造校舎と、零下2度でのキャンプ。。。
記事本文


夜桜キャンプをして、朝起きたら氷がはってました。誰も凍死しなくてよかった・・・(苦笑)
  
さてさて、店舗のほうをお休みさせていただいて、神川ふれあい桜まつり、行ってきました。祭全般の様子は、KUMANO JOURNALのBlogをご覧ください。
   
木花堂でブースをお借りして、木花堂ではオリジナルの「熊野かきまぜTシャツ」を、そして石本果樹園は「でこぽん」、おして赤倉のあまごや<熊野生姜プロジェクト>特製「無農薬生姜のジンジャーエール&ホットジンジャー」を提供させていただきました。
   
←天平 紀伊半島秘境コンサートのフライヤーをごそごそ準備中のワタシ・・・準備不足だらけでしたが友達の協力によりなんとか乗り切りました(^_^;) photo by cheecome
    
  
祭の出し物のトップバッター、伊勢からお越しの美しい三味線プレイヤーさんや、来月に四日市から紀宝町にIターンするkinoさんとの再会、そして友達たちと、花見と出し物を楽しみながら、ぼちぼち営業しました♪  
  
     
     
     

桜色の木造校舎は昭和25年に建てられたノスタルジックながっこう。

この町の特産品は、那智黒石。木花堂では、猫印硯工房さんの硯や文鎮、仮谷梅管堂さんの線香たてなどを取り扱わせていただいています。   

  
「那智黒石」と呼ばれるようになったのは、ここ、神川町から北山川・熊野川を経て熊野や那智の海岸に打ち上げられ、熊野巡礼たちが旅のお土産にしたからで、那智黒石の唯一の産地は神川町。かつては神渓石(しんけいいし)とか、烏翠石(うすいいし)と呼ばれていました。 
 
  
Hej hej  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
   

記事続き
右サイドバー1
タイトル

検索

本文


タイトル

プロフィール

本文
タイトル

フリースペース1

木花堂のホームページ
下のロゴをクリックすると、ホームページへリンクします。
タイトル

フリースペース2

つぶやき
タイトル

リンク

本文
タイトル

モバイル

本文
qrcode
タイトル

アザーズ

本文
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR.  (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.