コンテンツ
ヘッダ

〜メイドイン熊野の衣食住&量り売り〜 木花堂のBlog

熊野の自然・風土を素材、またはテーマとして産みだされた生活必需品や生活雑貨を、量り売りまたは過剰包装なしで販売する、熊野の海沿いの小さなお店です。
クラフト(手工芸品)作品や、暮らしの道具から、調味料や乾物まで、「暮らし」をテーマにメイドイン熊野を集めています。
・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。

カレンダー

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文

一定期間更新がないため広告を表示しています

記事続き
タイトル
タイトル
「Tammy&ハリケーン☆マッシュ 雨ノチ顔晴レ LIVE」のお知らせ
記事本文


大阪出身のシンガーソングライター Tammyさんのライブが、紀宝町のミュージックカフェFolksと、熊野市磯崎町の「磯崎祭」で開催されます。仕掛け人は、上の写真を撮影した熊野市出身の向日葵さん。向日葵さんとは、中村天平 紀伊半島秘境ツアーつながり!熊野を離れていながらも、いつも熊野にHomesick?な方です(笑) ちなみに今回のLIVEでカホンを演奏するドラマーの増田さんが叩いているカホンは、尾鷲ヒノキでつくられたK's Factoryの越仮カホン。(木花堂でもお取り扱いしております。)
       
Homesickの、Tammy LIVE 特設ページはこちら。
予約フォームは右側のメニューからどうぞ

↑山下達郎氏が絶賛したTammyさん話のラジオ音源が自動的に流れます。
   
Tammyさんんは先月お店にも立ち寄っていただいて、その時にCDを購入して以来聴いているのですが、大ファンになりましたね。。。今、ちょっと、Tammyさんの音楽が生活必需品化しております。常備薬、とでもいいましょうか(^_^;)
   
どんな世代にも響く、せつないような、淡くて優しい、でも根っこを感じられる力強さ、そんなハーブティみたいなかんじです(個人感想!)。
   
このご縁で木花堂でCDも販売しております。ときどきBGMにしておりますので、興味をもたれたかたはぜひどうぞ。
   

10月13日(土) Tammy&ハリケーン☆マッシュ LIVE 「雨ノチ顔晴レ」
 【Place】 music cafe Folks (三重県南牟婁郡紀宝町鮒田 水門横)
 【Time】 19:00 open、19:30 start
 Live Fee ¥2,000 完全予約制 42名先着順 
 ネット予約フォーム http://yellowcub.p2.bindsite.jp/ticket.html
  
   
  
Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

記事続き
タイトル
タイトル
生まれ育った神奈川で出会う、熊野つながり その3
記事本文


熊野好きな方なら、もうお気づきですよね。なんともシュールでラブリーなYATAGARASU!!のお手紙セット。こちら、たまプラーザの東急で、ふらっと寄った雑貨屋さん「CLASKA」にて出会った、「熊野」です。
   
「あれ?これヤタガラスじゃない?足が三本あるし、黒いし、カラスだし。」 と一緒にいた妹と母を呼びとめ、あーだこーだ言っていると、店員さんがやさしく話しかけてくれ、「それは、熊野という地方の神様の使いで、ヤタガラスというんですよ。」と!!
   
そしたらなんと、その店員さんの田舎(つまりお父様かお母様のご実家)が、紀宝町なんですと!!! 「えー!!!私たちの田舎も熊野なんですよ!ていうか、私はそこに移り住んじゃったんですけどね、あ。で、モスバーガーの近くでお店やってますっ」 「えー!親戚が紀南病院に勤めてます」 「えー!紀南病院はおじいちゃんがお世話になりました。」「えー!うちもおばあちゃんが」・・・と、大盛り上がり(笑)
   
いつかの来熊の際にはぜひご来店ください、と名刺交換させていただきました。
   
CLASKA Gallery&Shop すてきなお店!コレという一品に出会える。暮らしの道具etc
      
スゴイゾ!!ヤタガラスさま☆ さすが、正しい道にお導きくださる、熊野三山の神様の使い。
というわけで、今回の帰省は、短いながらもいつもにまして、何かと「熊野」との縁がある帰省となりました。
          
ちなみに、このお手紙セット以外に、箸袋などがあり、製造は大阪のメーカー「GRAPH」さんのものでした。作り手さんも、なにか熊野とご縁のある方なのかなぁ?
    
        
   
Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/


記事続き
タイトル
タイトル
生まれ育った神奈川で出会う、熊野つながり その2
記事本文


5月〜7月まで、3カ月間、ボックスショップに「熊野はこみせ」として、熊野グッズを置かせていただいた、横浜は大倉山の街カフェ「ミエル」さんを、ついに初めて訪れました。元々は、大倉山にある熊野神社で、み熊野ねっとさん が講演されたのがきっかけ。昨年の災害なども踏まえて、熊野を応援したいと考えたNさんがご好意で「熊野はこみせ」を企画してくださったというご縁です。 (その時の様子)    
   
街カフェ・ミエルはNPO法人の運営で、「横浜でハチミツをつくろう」というプロジェクトがきっかけで生まれたコミュニティcafe。毎週、いや毎日のように色々な講座やワークショップが開催され、コミュニティcafe!らしく色々な人が出入りします。大倉山街カフェミエルのホームページ
      

    

出迎えてくれた、お世話になったNさん(NPOの会員さん)と、人形作家でもある副理事長の「奥」さん。ボックスショップには所せましと地元の作家さんの作品が。
   

発見!熊野鼓動さんの「熊野サイダー!!」 横浜の町に溶け込んでいる☆
     
そしてそして。元日本経済新聞社でいろいろな著作活動や講演活動をされている(なんかすごい経歴だから、詳しくはプロフィールをご覧ください (^_^;) ) 坪田知己さんが、ふらっとカフェに入ってこられました。(ここのNPOの役員をされているそう。)そして著書「ふるさと再生 〜架け橋を創る人たち〜」を贈呈いただき、熊野のことについても励みになる言葉や教えの溢れる、貴重な時間となりました。


↑ 左から副理事長「奥」さんと、坪田さん、右が理事長の鈴木智香子さん。こちらのサイトに紹介が載っています。熊野のナギの葉ペンダントをつけておられる〜♪
   

↑坪田さんと、御世話になったNさん。とにかく心地いい〜お方!
         
いつかの熊野フェアだとか、熊野ツアー敢行の話で盛り上がり・・・。みなさんにお会いできて嬉しかったです。ありがとうございました。
   
帰りは、菊名で横浜線に乗り換え。熊野移住前は、この路線で電車通勤をしていたので、いろいろ思い出します。まぁとにかく満員列車が嫌いだったし、窓から見える一面のビルや家、電線、・・・息がつまりそう・・・という記憶が一番鮮明。あの頃は、仕事や地元の友達以外でのつながりなんて、ほとんどない生活をしていました。旅の記憶が素晴らしすぎて、旅が終わると、非日常の旅に現実逃避ばかりしていましたね。
     
ところが今は、かつて嫌いだった都会の街で、熊野によってつながるいろんな縁がある。そしてその頃は出会えなかった、その街で生きる魅力的な人たちと、出会う。不思議だなぁ〜。前は、場所のせいにしていました。でも、自分が変われば、世界は変わるんだなってことを改めて実感しつつ、横浜線からの見慣れた風景を眺める帰路でした(^u^)
   
     
  
Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

   

記事続き
タイトル
タイトル
赤倉の歩み。
記事本文


先週の台風4号で被害を受けた、赤倉のアマゴ養殖場へ行ってきました。詳しくは、KUMANO JOURNALのブログのほうに書きましたので、ぜひご覧ください。梅雨の晴れ間をみつけて、微力ながらお手伝いにいくつもりです。赤倉の綺麗な空気のなかで、汗をかきながら、気持ちよく土方仕事をしたい!というかたはご一報ください♪

赤倉では、生姜プロジェクトっていうのと今年から本格始動。
生姜、雨に濡れながらすくすく育っています。
  
赤倉のきれいな水で育つ、美味しいアマゴちゃんたち。

      
   
   
  
Hej hej  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

記事続き
タイトル
タイトル
おや?
記事本文


接客中の、「おや?(・.・)」
   

芸術家だね!(笑) きれいに並べてくれました。
   
先日、酵素ジュースづくりのワークショップに参加したときに一緒だった方たちが、お店に遊びにきてくださいましたお2人とも熊野への移住者で、熊野暮らしを緩やかに穏やかに楽しんでおられる。いろいろと楽しいお話もできました。ありがとうございました♪
     
   
  hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

記事続き
タイトル
タイトル
Wow!夢輝のあさんと、事務所の社長さん&スタッフさん ご来店♪
記事本文


 この春から熊野市の観光大使になる、夢輝のあさんが、事務所の社長さんやスタッフさんとともに、ご来店くださいました!東紀州観光まちづくり公社のTさんのご紹介です。おかげさまで、お会いすることができ、このお店のことも気に入っていただけて、嬉しい日でした!
 美しいだけでなく、やわらかい空気をまとった、素敵な方でした。。。(*^v^*)

(夢輝のあオフィシャルブログ プロフィール抜粋)
 
********************
夢輝のあ - NOA YUMEKI
歌手。北海道室蘭市出身。1992年から2003年まで宝塚歌劇団に在団。
「イーハトーヴ夢−宮沢賢治『銀河鉄道の夜』」宝塚バウホール公演、日本青年館東京特別公演で宮沢賢治とジョバンニのニ役で主演を努める。宝塚退団後、ボディケアの仕事をしながらヴォイスヒーリングやクリスタルを通して自分探しの旅へ。2007年から歌手として活動を再開。
2008年ファーストアルバム「NOA」、2009年マキシCD「星の旅人」(荒木とよひさ作詞)リリース。現在は歌を中心に、ライブ、コンサートの他、2011年からは演劇舞台にも復帰。
2012年4月より熊野市観光大使就任。
また、出身地である北海道室蘭市のふるさと大使も務めている。
********************
      
 去年の丸山千枚田の虫送りのときには、丸山千枚田をバックに歌ってくださいましたが、すてきでしたよぉ。やっぱ宝塚出身、声量とかすごいけど、声も綺麗で、感動的でした。明日は、小船梅まつりでもステージがあるそうです!(小船梅まつりのことは熊野ふるさと倶楽部のブログのほうに書きました、ぜひおでかけを!)・・・3月24日には名古屋ブルーノートでLIVEがあるみたい。てゆうか、あの!ブルーノート!!で歌うようなかたの歌を、千枚田や、北山川のほとりの梅林で聴けるなんて、ものすごいゼイタクじゃない???!!!すごいこっちゃ!これから、ときどきこういう機会があるのだとしたら嬉しいなぁ。
 
 夢輝さんは、数年前に初めて熊野を訪れて以来すっかり熊野の魅力にはまってしまい、プライベートで何度も何度も訪れているうちに、今回の観光大使という流れになったそう。
 
 事務所は、ゴールデンバード・レコーズ株式会社さん。エンターテイメントの世界のことはよく分からないけれど、会社概要を見て、なんか素敵だなぁと思いました。夢輝さん自身、熊野に何かご縁を感じてくださって、熊野の人・人・人と自然につながっていっているかんじが、なんかイイ!し、事務所の社長さん&スタッフさんも、仕事を超えて熊野を好きになってくれている。嬉しいことだ。   
       
  
Hej hej         
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

記事続き
タイトル
タイトル
コダマつながりと、柑橘系♪
記事本文


直径17cmくらいある柑橘、ばんぺいゆーーーーーー!!(晩白柚)
今日の開店前。お店でもジュースを取り扱わせていただいている石本果樹園さんのところで、とあるお手伝いをしにいき、お土産に、ちょっと早めに収穫した色々な柑橘系をディスプレイ→そして熟したころに食べる!という感じでいただき、素晴らしいお気づかいに感激しつつ(ありがとうございました♪)、ディスプレイしたのでした。だって、柑橘系ってかわいいよなぁ。あ、でもこの晩白柚はかわいいって大きさではないけれど(笑 コダマくんも、唖然・・・ (このコダマくんは、開店のときに石本果樹園さんからお祝いでいただいたものです、熊野にもコダマ、いますよねきっと♪)
 
でもすごく美味しいらしく、お客様の中にも「これ美味しいんだよ!」とおっしゃられてた方が何人かおり、食べるのが楽しみですがしばらく 鎮座 していただきます!
 
調べてみると、分厚い皮もいろいろ利用法(参考ページ)があるみたいで、楽しみです。
    
どーん。

こんな感じで情報コーナーに、鎮座!!
下の段にはデコポン、いよかん、甘夏たち。台風12号で大被害を受けた、紀宝町の商工会と道の道ウミガメ公園の協働企画、「紀宝ふるさと応援便」のチラシとともに・・・ (売上の一部を義援金として活用させていただき、さらに今後につなげていこうという企画、詳しいいきさつは石本果樹園のBlogをどうぞ。)
 
ちょっとくらいクリスマスっぽくしようと、「千両」(赤い実の植物)をかざって、隣にはポンカン(笑
  
ジュースといっしょに現物も飾ってみました ↓
(石本果樹園のしたつづみかんジュース:温州&笹の内農園の甘夏ジュース:甘夏)
   
 
   
かわいい&おいしいものをディスプレイ&その後のお楽しみに提供してくださった、石本果樹園の「したつづみかんジュース」を、当店でも取扱させていただいています。 
  
「したつづみかん」
完熟早生温州みかんをさらに50日間追熟させることで
糖度13度という甘みにまろやかなとろみが加わった極上のジュース。パッケージは地元・木本高校の学生とコラボでデザインされました。ワインのように、舌でじっくり味わう、ちょっといいグラスでいただきなるような、ジュースです。(1,500円/750ml)
      
年間約40種類もの果物を出荷している「果樹園」!
晩白柚も、これからが旬のようなので、ぜひチェックしてください♪(石本果樹園カレンダー
        
Hej hej         
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

記事続き
右サイドバー1
タイトル

検索

本文


タイトル

プロフィール

本文
タイトル

フリースペース1

木花堂のホームページ
下のロゴをクリックすると、ホームページへリンクします。
タイトル

フリースペース2

つぶやき
タイトル

リンク

本文
タイトル

モバイル

本文
qrcode
タイトル

アザーズ

本文
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR.  (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.