コンテンツ
ヘッダ

〜メイドイン熊野の衣食住&量り売り〜 木花堂のBlog

熊野の自然・風土を素材、またはテーマとして産みだされた生活必需品や生活雑貨を、量り売りまたは過剰包装なしで販売する、熊野の海沿いの小さなお店です。
クラフト(手工芸品)作品や、暮らしの道具から、調味料や乾物まで、「暮らし」をテーマにメイドイン熊野を集めています。
・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。

カレンダー

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文

一定期間更新がないため広告を表示しています

記事続き
タイトル
タイトル
[住] 桶濱さんへ仕入れへ。そして突如の・・・
記事本文

 18日は、中辺路の桶濱さんへ、再び仕入れへ。東京から、桶づくりの仕事に興味があるという方もはるばる来熊、ちょうど仕入れの予定があったので、お連れしました。ズラリと並ぶ桶を手に取り、東京の方は「あぁ、やっぱりすごいなぁ」とため息。
 前に、桶濱さん、弟子募集中♪という記事を書きましたが、昔みたいになかなか住み込みで受け入れることはできないことが多いと思いますし、桶濱さんもそうです。伝統的な仕事の需要が減ったことで、昔のように職人を何人も抱えることができないし、生活の面倒まで見られない。かといって、弟子入りした場合、最初はろくに給料ももらわずに、どう生計をたてていくのか・・・となると、結局、定年後の年金暮らしの人か、ある程度蓄えがある人か、自給自足でもなんでもしてやっていくんだ!という強い意志と意気込みがある人か・・・。こういう伝統的な手仕事を担う人がどんどん高齢になっていくなかで、どうやって後継者を生み出していくかって、もう、師匠と弟子の間でなんとかしようとするには、限界があるなぁ、なんて、きのうの濱次さんの話を聞いていて思いましたね。。。
  
 翌日は、朝から所用で松阪へ。自宅に帰って一仕事片付けるつもりで、ちょっとお店に立ち寄って桶とか仕入れたものをディスプレイしちゃおうと。
 で、荷解きしていたら・・・ なんか、むくむくと・・・ 欲望が・・・ 「模様替えしたいなぁぁぁ」ってゆう^_^; 時刻は、17時。前回の模様替えは、確か6時間くらいかかったし、今回もやるとなったら、必然的にほぼ全部動かさなきゃいけなくなるから何時間かかるかわからない。これをやるくらいなら、ほかにやらなきゃいけないことイッパイあるのにぃぃ!!!
でも・・・ この美しいモノたちをディスプレイするにあたって、欲望が抑えきれず・・・・
    
   
   
   
  
   
  
  
   
  
    
 

       
はい、カオス!エントロピー増大中♪
    
   
      
松阪との往復で疲れていたのですが、模様替えはなんだか楽しく。でもそれも数時間の間。21時過ぎると「バカだな〜(涙)」と何度もつぶやきながら、なんとか終えました(笑
  
そんな模様替えの成果もあって、なんだか少しだけ「広く」感じる空間に。欲求は満たされました♪
どんなになったか、ぜひ見に来てください♪
  
  
ところで・・・「風が吹けば桶屋が儲かる」なんてことわざがありますよね。
こないだ、木花堂ロゴとか、熊野かきまぜTシャツのデザインをしてくれた、salt graphicさんが、その内容をさらさらっと教えてくれてびっくりしました>゜))))彡 すごいネ!
    
  1. 大風で土ぼこりが立つ
  2. 土ぼこりが目に入って、盲人が増える
  3. 盲人は三味線を買う(当時の盲人が就ける職に由来)
  4. 三味線に使うネコ皮が必要になり、ネコが殺される
  5. ネコが減ればネズミが増える
  6. ネズミは桶を囓る
  7. 桶の需要が増え桶屋が儲かる

     

「へぇ〜」と感心しつつも、
私が思い出していたのは、コレ↓ 久々にラーメンズ。やっぱおもしろい〜。

ラーメンズ 風と桶に関するいくつかの考察 (You tube)
  


※いつもの営業日に加えて、25日(火)のクリスマスと、27日(木)も営業します。   
   
      
  
木花堂オンラインショッピング
昔ながらの杉のおひつ

     
     
      
   
Hej hej  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

記事続き
タイトル
タイトル
[住] 2013年の干支は、「巳」 蛇といえばマムシを連想する私って。。。
記事本文

来年の干支「巳」のかわいい置物が、尾鷲のえびすやさんから届きました。尾鷲ヒノキの間伐材で、ていねいに手作りされています。かわいらしい、つぶらな瞳のお蛇さま☆
  
蛇は、忌み嫌われる動物ですが、けっこう目はつぶらで、かわいい顔をしていたりもしますよねー っていうと、「えっ?」と女子には言われちゃいそうですが。。。
私はよく山を歩くので、しかも、道なき道とかも歩いたり登ったりすることもけっこう多いので、お蛇さまに出くわすことも、けっこうあります。それがマムシだったりすると、大抵、同行しているオジサマがひょいっと捕まえて、ペットボトルにポイ。マムシ酒にすると言って、捕まえるんですねー笑 
    
マムシ酒は、滋養強壮に効くほかに、打ち身やねんざにも効果があるということで、田舎の家には一本常備してあったりします。
   
ところで、「巳」という漢字の語源は胎児を表したものだとか。母親が子供をお腹の中で包み込むようにしている様を現していて、つまり、巳年(みどし)は新しい誕生を意味するという。
生命力が強く、脱皮を繰り返すことから死と再生のシンボルとして、また稲作の守り神として信仰されている・・・
    
なるほどぉ。一年の福を呼び寄せる縁起物として、かわいい、お蛇さま、いかがですか?
   
   
  
Hej hej  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

記事続き
タイトル
タイトル
[住] 熊野のニホンミツバチのミツロウキャンドル 作り足しました☆
記事本文


おいしそう。。。 でもバターでもなく、チーズでもなく、蜜蝋です。
熊野の山で暮らすニホンミツバチたちが、熊野の山のいろーんな植物から蜜を集めてくる過程で、働き蜂自身から分泌される、蜜蝋。
        
・・・・・・・・蜜蝋とは、働きバチが蜜と花粉を体内に摂取し、消化し、腹部の8個の蝋分泌腺から分泌される蝋(ロウ)のこと。六角の幾何学的なカタチに構成されて、その中に蜜が貯えられていく、「ミツバチの巣」となるもの。・・・・・・・・
      
たびたびブログでも書いている、木花堂の「熊野のニホンミツバチのミツロウキャンドル」。
養蜂を趣味で楽しむお父さん方から、夏に採蜜したあとの巣がけっこう手に入ったので、残り1個となっていた在庫を補充することができました!那智黒原石ホルダー入り(店頭価格:3,800円)と、可得工房謹製の陶製ホルダー入り。(店頭価格:1,500円)
      

  
ニホンミツバチ」にこだわっています。趣味で養蜂をやっている方から分けていただき、精製から手づくりしているので、量産はできませんが、細々と続けていきたいです。(来年こそは私も養蜂したい!巣箱はもう持ってるんです。)
   
こんなのや、 
   
   
こんなのなど。
    
陶ホルダーは、可得工房(熊野市)に作っていただきました。
   
ロウソクを使ったあとは、一輪ざしや、コケ鉢、小物入れ etc、使えます。
   
蜜蝋の在庫状況によりますが、ご希望の方には、再度、蜜蝋を流し込み、ロウソクにするサービスも承っています!

  
これから、冬至に向けて、長い夜の時間を、ミツロウのやさしい灯で過してみませんか

贈り物にも  
  
  
木花堂オンラインショッピング
 熊野の山のニホンミツバチの、みつろうキャンドル

    
     
     
Hej hej         
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
     
    

記事続き
タイトル
タイトル
[住] 熊野の桶屋さん。(弟子募集中!)
記事本文


8月のお盆の頃からお店に並び、お客様を懐かしがらせている、この美しいモノ。おひつ。
    
作っているのは、和歌山県中辺路町の、「桶濱」の松本濱次さん。桶ひとすじ60年。熊野で唯一の桶職人です。
   

最初に濱次さんのところを訪ねたのは、3、4年前。プライベートで通りかかったときに、いつも「桶」の看板が気になっていました。その時に、この「熊野杉のおひつ」を購入して以来、自分でも愛用しています。お店を開いたときに、この「おひつ」という素晴らしい先人の知恵が詰まった道具を、きっと取り扱いたいと思っていました。そしてようやく7月に、濱次さんを訪ね、お取り扱いさせていただくことになりました。
   
私自身、このような「ほんまもんの、おひつ」を手にするのが、濱次さんのところで初めて。お店に置いていると、「懐かしい」という声や、「初めて見た」という声、いろいろ。でもこうやって実際に手にとって、「熊野の桶職人」がいるってことと、「おひつ・桶の素晴らしさ」を知っていただけたらなぁと思います。
   

7月に訪ねたときは、古い桶を修理中でした。なんと、大正時代のものだとか!きちんと作られた桶は、手直しさえすれば本当に長い間使えるんですね。昔は、どの村にも桶屋さんがあったといいます。プラスチックの登場で、桶屋さんが激減し、桶職人になる人も減り、濱次さんはその最期の世代だろう、とのことでした。
   

タガも金属ではなく、昔ながらの竹製です。自分で山で伐ってきた竹を、細く加工して、シュルンシュルン!!!っと、すごく鮮やかな手つきで桶に締めつけていました。
   

一時は仕事が減り、桶職人を辞めようと考えたこともあったそうですが、続けているうちに、近頃は地域外から桶の修理や、注文が少しずつ増えてきたそうです。桶職人の数が減っているから、ということと、こういった伝統的な道具が見直されてきているからでしょうか。最近では、ある旅館から、大きな「風呂桶」の注文もあったとか。
    

そんな濱次さん、78歳。(H24.7の時点で) 「桶」という看板を出していて、ふらっと入ってきてくれる人とお話するのが大好きだって言ってました。そして、現在、弟子募集中!とのこと。自身の年齢を考えても、技術を伝えるには、もうあまり時間がない・・・だから今、弟子をとって、少しでも「桶」の技術を後世に受け継ぎたい・・・ と。インターネットに載せて!とも言ってくれたので、載せます!全国の、伝統技術の職人を志すみなさん、いかがでしょうか。熊野の桶職人、弟子募集中です
         
お店のほうには、「桶濱」謹製の おひつ(3号、5号)と、そうめん桶(大・小 ※小は現在品切れ)を置いていますので、ぜひ、見にいらしてください♪ ※オンラインショッピングでは現在、「おひつ」のみお取り扱い中です。
   
  「おひつ」や「桶」について、詳しくは、↓ オンラインショッピングのページをご覧ください。
   
   
木花堂オンラインショッピング
昔ながらの杉のおひつ

     
     
      
   
Hej hej  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

     

記事続き
タイトル
タイトル
[住] 熊野出身の陶芸家 玉置りさ さんの作品が木花堂に並びました。
記事本文


9月の帰省のときに神奈川県相模原市のアトリエを訪ねました、やきもの作家 玉置りさ さんの作品が、木花堂に並び始めました!(アトリエ訪問の記事はコチラ) 上の写真はワイングラス。ビールやウィスキーにも良いですね。私も1つ、自分用に購入して、自宅で愛用しています。(今度その写真載せます)
       
近々、店内に新しい棚を増設予定なので(家具工房kigumiさんにお願いしました☆)、それから陳列しようかなぁと迷っていたのですが、やっぱり早く並べたい!と先週から。
   

こちらの風鈴がとてもお気に入り!すごくいい音なんです。夏以外もしっくりくる、陶器のあたたかみのある風鈴は、各種そろっています!
   

リングやピアスなどの、アクセサリーもあります。
   

こちらは箸置き。長いのは、ナイフ&フォークにも。なんだかクリムトの世界。。やっぱ好きだぁ!!
   
ぜひ店頭でご覧ください〜。
   
   
  
玉置りさ/ Risa Tamaki  やきもの作家 陶芸作家 ホームページ はこちらです。 

     
   
   
       
Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

     



記事続き
タイトル
タイトル
[住] WORLD HERITAGE Artist 松田光一 が描く熊野WORLD。。入荷です!
記事本文


お待たせしました。今年の春に、おとなり尾鷲市の三重県立熊野古道センターで企画展が開催され、好評を博した、松田光一さんによる「World Heritage Art Exhibition 世界遺産図展」で発表された、アートボードが届きました!熊野古道センター職員の野田さんの呼びかけで、熊野に何度も足を運び、世界遺産アートに、ここ熊野のシリーズも加わり、その独自のタッチで表現された世界観で多くの人を魅了したものです。何人かのかたに、楽しみに待っていただいていました。  
       
入荷したのは、獅子岩、馬越峠、花の窟神社(※)、八鬼山(※)のほか、パリのエッフェル塔やマチュピチュなどの世界遺産を描いた、A4サイズのアートボード。(※は、A5の2種組がA4に配置、A4の各種アートボードと2枚組になっています。) 各2,100円です。
  
フレームに入れるとインテリアを彩るアート作品になります。もちろんそのまま壁にポスターとして飾ってもOK。
  
木花堂では今、シートに入った状態で飾らせていただいていますが、家具工房kigumiさんに専用のフレームを注文する予定です。
   
そちらもお楽しみに♪

           
世界遺産を描く旅。国境を越えて世界をもっと大切にする心を創りたい。
   
”世界遺産”という概念は人類が築いてきた大切な文明や歴史を知り、その価値を国境を越えてみんなで大事にしていこう、というものです。私はそんな世界遺産に強い魅力を感じ活動を始めました。世界中を描き、世界中と会話する。世界遺産の絵を通じて人々を繋ぐ平和の心を創りたいと思います。描けば描くほどに高まって行く世界、歴史、人類への興味。訪ねれば訪ねるほどに高まっていく創造力。楽しくて不思議な世界遺産アートには、人々がもっと楽しく笑顔になれるようにという想いが込められています。
     
松田 光一 Koichi Matsuda PROFILE
人類共通の宝物である「世界遺産」をモチーフにした絵をマーカースケッチとコンピューターグラフィックを使って描く画家である。「World Heritage Art(世界遺産アート、以下WHA)」という自身のブランドを軸に活動を行っている。絵自体は幼少のころから描き続けてきたが、WHAに関しては2010年から始動し始めたばかりの若手アーティストである。この一年強の間にFacebookを通して国内外にファンを増やしている。活動の目的は、”国境を越えて世界を大切にする心”を創ることである。
制作手法は、マーカーで形状を描いた後、コンピューターでカラーリングを行う作品が代表である。
一日一枚制作を続けても生涯で2万カ所程度しか作品を制作できないため、なるべく一日一枚の創作を心がけている。大きく2種類の作品があり、写真や資料を参考にして制作するイメージ作品と、実際に現地を訪れて描くリアル作品(Rシリーズ)がある。
  
個展・企画2012
    
T.Y.HARBOR 「World Heritage Art Exhibition 世界遺産図展」(Tokyo)
熊野古道センター「World Heritage Art Exhibition 世界遺産図展」(Owase Mie)
BOND no.9 [I love NY contest] 2nd place (NY, on line)
伊勢丹本店Clover「World Heritage Art Promotion 世界遺産企画」(Tokyo)

NOW!
石見銀山世界遺産登録5周年記念イベント 「World Heritage Art Exhibition 世界遺産図展」(Shimane)
    
【古民家の一室での世界遺産図展】が9月8日から始まります。
○場所:石見銀山(島根県大田市大森町ハ44-1 石見銀山資料館前古民家)
○期間:9月8日 to 9月30日(9:30〜16:00)
○入場無料

   
  
Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

記事続き
タイトル
タイトル
[住] 月明かりの青い空と、そめやなないろ本藍染てぬぐい 月とうさぎ
記事本文


昨日の月も綺麗でしたね。
今年の「中秋の名月」は、9月30日だそうです。「十五夜」というように、旧暦で8月15日の夜のことで満月とはかぎらないけれど、今年も去年に続いて満月だそうです。
だんだんと夜が長くなってくるこの季節。月を愛でたり、キャンドルをたいたり、秋の夜長を楽しみたいですねー。
   
熊野の本藍染工房そめやなないろさんからも、月と兎をモチーフにした日本てぬぐいなどが入荷しています。そして、近々WEBショップにも出す予定なのが、そめやなないろさんの、本藍染の靴下や下着たち。肌に直接見につけるものだから、「生きている本藍染」はすごくいいと思うんですよ。そういう暮らしに直結したもののラインナップをメイドイン熊野でもっと出していきたいなぁ。
      
藍色の青が好きだと書きましたが、(生きている本藍染)、月明かりの青い空もすごく好きです。
           

こちらは10年以上前に神奈川の家の庭からリバーサルフィルムで撮った月の空。
色加工とかしてません.
青色というよりか、藍色ですね、これも。
       
      
    
木花堂オンラインショッピング 熊野の山のニホンミツバチの、みつろうキャンドル

     
木花堂オンラインショッピング 本藍染オーガニックコットンタオル ヤタガラス印


          

        
Hej hej  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/


記事続き
タイトル
タイトル
[住] 馬明窯の陶器、入荷しました! (御浜町在住陶芸家・畑中伊紀氏)
記事本文


   

  
御浜町の緑に囲まれた馬明窯(うまめがま)は、畑中伊紀さんの陶芸アトリエ。先週から木花堂でも作品をお取扱いさせていただくことになりました。
  
畑中さんは、高山光氏に師事し、5年間修業した後、2003年にUターンし、独立しました。先月工房へおじゃましたのですが、海に近いのだけど、山に囲まれた素晴らしいロケーションに感動。工房には大きな窓があって、その窓に向かって、ロクロが置いてありました。
   
畑中さんの陶器は、土!!っていう素朴な質感がステキながらも、どこか近未来的な質感も兼ね備えるデザインが不思議な、そして洗練された作品たち。

工房では陶芸教室も開かれています。(陶芸教室infoはこちら
  
畑中伊紀さんのホームページはこちら
  
馬明窯の工房のようすを撮影したデータが今手元になくて、、また改めてupします!ホームページのほうへも追ってきちんと紹介させていただく予定です。(しかしホームページの制作作業がなかなか進まない。。。汗)
   
   
ちなみに、、木花堂、最近ちょこっと模様替えしました。
   

あんまり変わっていないといえば、そうなのですが^_^; ちょっとカウンターを引っ込めて、店舗スペースが広くなりました。いやー、今回の模様替え、1.5日でやったのですが、一時は完全に「カオス」!!!になってしまい、どうなることかと思いました(笑
   
メイドイン熊野の暮らしの道具も、ちょこちょこと仲間が増えています。ぜひ、お立ち寄りください☆
   
   
Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

記事続き
タイトル
タイトル
尾鷲ひのきのタワシ・へむへむ 入荷 お待たせしました。
記事本文


品薄だった尾鷲ヒノキのタワシ・へむへむ が入荷♪
木花堂バージョンは、市木木綿のハギレをちょこんと付けています。
せっせと作業し、横浜のカフェミエルさんへの送付と、予約でお待ちいただいた方へ発送します。
    
こういった良い商品がだんだんと知られてくるにつれて、これまでの編み手の人数で大丈夫だったのが、ちょっとアップアップになっているのですが、じゃぁ編み手を増やそうとか、少し流れが新たな方向へ向かい始めているようです。持続可能なスタイルが見つかっていくといいなぁ。
    
    
  
Hej hej  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

記事続き
タイトル
タイトル
3時のおやつタイムと、うさぎ。
記事本文


お店を11時にOPENし、お昼ご飯は仕事をしながら食べるので、15時頃にやっぱりちょっと休憩したくなります。3時のおやつは、今日、通勤前に立ち寄った、熊野市の新スポット「お綱茶屋」でGETした、古代米のお餅。なかに入っているこしあんも、甘さ控えめでおいしい〜。世界遺産・花の窟神社のとなりにあって、地元の方が和気藹々と運営されています。KUMANO JOURNALも置いていただいています。ぜひ行ってみてください!
  
コーヒーとスィーツで息をついたところに、登場するのが。。。
   

じゅんれいうさぎ。どうですこの、ゆるい表情(笑 いやされます。
  
【じゅんれいうさぎ】
諸国を巡礼していて、主に熊野三山を巡っているうさぎ。虫垂布を笠にまとっていることから、前世は平安時代のなかなか高貴な女性であったといわれている。当時は上皇のお供で熊野巡礼に参っていたと思われるが、宮廷での争いに疲れた心を癒すため、自らも熊野巡礼を果たしたと考えられている。現代にいたっても、熊野古道を歩いていると石畳ですれ違うことがあるというが、定かではない・・・。 
(つくり話です) 
       
この癒し系の表情で、ごりごり、ごりごり、と、パソコンに向かって疲れた肩や手のひらをほぐしてくれます。自宅では、足の裏も。小さいので、旅先にも持っていけます。
ヒノキは抗菌作用があるので、衛生的だし、木の感触だけでなく大きさがほどよく筋肉がほぐれます。
   
このじゅんれいうさぎは、木花堂のロゴや、熊野かきまぜTシャツのデザインほかとてもお世話になっている御浜町のデザイナー・塩崎さん(salt graphic)が生み出したキャラクター♪ 熊野かきまぜTシャツのなかでも巡礼していますよ!(ウォーリーを探せ、ならぬ、じゅんれいうさぎを探せ!みたいになっちゃいますが)
  
それを尾鷲ヒノキの間伐材でつくられたマッサージボールに、焼きゴテペンで描いたもの。当初、遊び半分で、この絵つきのものを、無地のものと一緒に置いていました。私もヤタガラスの絵とかを書いて。ありがたいことに、この絵つきを選んでくれるかたや、「絵つきのを10個ほしい」と言ってくださる方などがいて、絵を10個書くのにだいぶ時間がかかってしまうので、やむなく、絵つきは50円UPで、1個150円で販売しています(*^_^*) 無地は100円です。
   
お好きなメッセージや、名前を書いていただくこともできますよ。焼きゴテペンは簡単で、店頭でできます。ちょっとしたプレゼントにいいかも?☆
   
さて、ほぐれたところで仕事に戻ります♪
  
  
  
Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/


   

 

記事続き
右サイドバー1
タイトル

検索

本文


タイトル

プロフィール

本文
タイトル

フリースペース1

木花堂のホームページ
下のロゴをクリックすると、ホームページへリンクします。
タイトル

フリースペース2

つぶやき
タイトル

リンク

本文
タイトル

モバイル

本文
qrcode
タイトル

アザーズ

本文
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR.  (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.