コンテンツ
ヘッダ

〜メイドイン熊野の衣食住&量り売り〜 木花堂のBlog

熊野の自然・風土を素材、またはテーマとして産みだされた生活必需品や生活雑貨を、量り売りまたは過剰包装なしで販売する、熊野の海沿いの小さなお店です。
クラフト(手工芸品)作品や、暮らしの道具から、調味料や乾物まで、「暮らし」をテーマにメイドイン熊野を集めています。
・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。

カレンダー

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文

一定期間更新がないため広告を表示しています

記事続き
タイトル
タイトル
[衣] 熊野古道の森からの贈り物 『尾鷲ヒノキの木珠ブレスレット』が、とどきました☆
記事本文


夢古道おわせ が企画開発した、尾鷲ヒノキの木珠が、木花堂に並びました☆
尾鷲ヒノキの細かく刻み込まれた年輪の模様が、一粒一粒に生きた表情をつくっています。
尾鷲ヒノキについては、このブログで何度も紹介していますが、つまり・・・
    

*****
尾鷲ヒノキは、本州で一番の降雨量を誇る尾鷲の山で育つヒノキ。
雨が地表の養分を流してしまう、過酷な環境でゆっくりと育つため、年輪が密で、樹脂が豊富。
  年輪が密→強い! 
  樹脂が豊富→ヒノキチオールなどの癒し成分や、抗菌成分が豊富!&赤身が綺麗)  
*****
   
熊野古道を歩いていると、杉・ヒノキの木が、まっすぐ天にそびえ立つ中に囲まれます。まるで、天と地をつないでいるかのような、潔い姿。かつての巡礼も、その姿に癒されたかもしれません。
   
このブレスレットは、尾鷲ヒノキの間伐材や端材の有効利用を目的に、夢古道おわせ さんが、数珠をイメージして、つくりました。
  

    
熊野古道は、神仏習合が今に残る道。熊野三山のうちの那智大社の隣に並ぶ那智青岸渡寺は、西国三十三所観音巡礼の第一番札所です。(江戸時代、お伊勢参りとともに観音巡礼が流行し、かけあわせて熊野巡礼に参る旅人が多かったといいます。)
   
そんな、祈りの道・熊野古道の森から生まれた、ヒノキの数珠。
森を、いつも身近に感じてもらいたい、と、ブレスレット仕様につくられ、「木珠ブレスレット」が生まれました。
   

ターコイズや、ローズクォーツなどの天然石、そして天然の色彩がきれいなウッドビーズをあしらったものなど、バリエーション豊か。  
  
ぜひ、店頭でご覧ください。
  
   
  
   
Hej hej  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/


記事続き
タイトル
タイトル
[衣] 熊野大花火大会が終わり、、、まだまだ花火Tシャツ販売中です♪
記事本文


今年も熊野大花火大会が無事終わりました。関係者のみなさん、花火師のみなさん、今年も素敵な花火をありがとうございました!私はお店の前で、鑑賞。アナウンスが聞こえないので、三尺玉が突然爆発して、前髪がふわっとなりました(笑
            
当日は、朝からたくさんのお客様にお越しいただき、遠くからわざわざ前日入りされた方など、地域外からのかたとたくさんお話ができて、楽しかったです。
         
15時くらいから、石本果樹園さんが店頭でジュースカウンターを設置してくれ、音楽も流して賑やかでした♪ わたしも18時くらいに外に出て、主に熊野大花火デザイナーTシャツを販売!友人でもあり赤倉の山里民泊あかくらスタッフちゃんは、赤倉の無農薬生姜でつくったジンジャエール&ワイン(これは熊野産じゃないです 笑)を販売!そのお友達のPちゃんや、KUMANO JOURNALでも連載してくれている写真作家のRicaちゃんなども集まって、花火開始まで賑やかに販売していました。途中、懐かしいお顔や、さらに熊野の観光大使、夢輝のあさん御一行も、再来店くださり、ありがとうございました♪
    
熊野大花火大会が終わりましたが、その余韻にひたりつつ、、、熊野花火デザイナーTシャツ、店頭にまだ並んでおります。花火と、今年の夏の想い出に、ぜひみにいらしてください♪
   

(右)熊野市の川向こう、嶋津の平八工房の平野さん作 熊野花火手づくりTシャツ 詳しくはこちら
(中)育生町の近藤滋さんデザイン 詳しくはこちら
(左)御浜町のSalt graphicさんデザイン  詳しくはこちら

   
      
  Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/



記事続き
タイトル
タイトル
[衣] 熊野大花火デザイナーTシャツ、いろいろ!(新たに地元デザイナー2人から新着!)
記事本文


店内に花火が上がってます(^u^)
先日ご紹介して好評発売中の、ちょっとサイケな熊野大花火Tシャツ(平八工房)に続いて、地元デザイナーのお2人から、新たに2種類の熊野大花火Tシャツが届きました!
    
まずは、、、御浜町在住デザイナー salt graphicこと塩崎哲史さんから、熊野大花火・和Tシャツ。モノトーンで、粋な感じのするデザイン。(SIZE:160、S、M、L、各サイズ2.700円)


     
それでいて遊び心あるデザイン。ちょっぴりテクノ系。

     
そして、以前、金環日食Tシャツが好評だった、育生町在住デザイナー・近藤滋さんから、子どもサイズから大人サイズまで揃った可愛い熊野大花火Tシャツ。(SIZE:100、110、120、130、S、M、L、子どもサイズ 1,800yen、大人サイズ 2,000yen)

    
こちらは今回もAnniversary Tシャツとして、日付け入り!獅子岩のシルエットが良いです〜

   
   
   
去年の熊野大花火の日は、通常営業のあと、店頭で飲み物や、熊野かきまぜTシャツを販売していました。今年は思いがけず、こんなにいろいろな熊野大花火Tシャツを販売させていただくことになって、店頭が華やかになりそうで嬉しいです。
   
今年の熊野大花火、8月17日(金)も通常営業(AM11:00〜PM:5:30)いたします。5時30分以降は、店頭で飲み物や、Tシャツを販売しております。場所は花火会場のまん前。ご来店お待ちしています(^u^) アクセス地図こちら
  
   
   Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/


    

記事続き
タイトル
タイトル
[衣] とある山間集落の「みみずく工房」から。鹿角アクセサリーや市木木綿の小物など入荷♪
記事本文


熊野のとある山間集落の「みみずく工房」さんの商品が新しく木花堂に並びました。メインは、鹿の角をつかったアクセサリーや小物です 鹿の角を利用したものがほしいなぁと考えていたところ、出逢うことができました。かなり丁寧につくられています。
   
鹿は春先に角が抜け、新しく生え変わります。そうして山に落ちている鹿の角で、つくられたネックレスやキーホルダー。鹿の角は伸びるスピードが速いので、生命力の象徴として、お守りなどにして大切にする土地も世界各地にあるそうですよ。
   

       
今、日本各地の山間集落では、増えすぎた鹿やイノシシの獣害による作物の被害に悩まされています。
ここ熊野でも、例外ではありません。
   
・シカの天敵(狼は絶滅)が減った、
・山が杉やヒノキなどの針葉樹ばかりになり、餌になる木の実をつける広葉樹が減った
・山の管理を怠り、人里との境界が無くなった
・そのため人里に下りてきて畑の作物を食べるようになった
・人の食べ物は栄養価が高いので、子鹿ももりもり成長☆
  
そんなわけで、ものすごく増え、獣害として駆除されているのが現状です。せっかくの命、大切にしようと、鹿肉を食べるジビエ料理が見直されている昨今。山里民泊あかくら のオーナーも、猟師なので、この宿で鹿肉をお出しすることもあり、私も美味しくいただいたことがあります。
    
山の中を車で走っていると、時々出会う鹿はつぶらな瞳でこちらをじっと見てから、山の中へ逃げていきます。獣害問題はいますぐどうこうできる問題ではないですが、鹿が敵ではなく、山の環境、人の生活、共生のバランスが戻る日を願いつつ。。。彼らがここ熊野の山にも生きている証、息吹を感じられるものとして、お店に訪れるみなさんに触れていただければなぁと思います。
   
  
みみずく工房さんからは、市木木綿でつくった商品もお持ちいただきました。
   

ミニバックと、箸袋! カタチがかわいい☆
  

箸袋の留めは、鹿の角ですヨ。
   
   
   
   
ぜひぜひ、店頭にてご覧ください☆


Hej hej  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

記事続き
タイトル
タイトル
[衣] デザイナー企画ものTシャツ第2弾!ちょっとサイケな熊野大花火Tシャツが登場〜
記事本文


さぁ〜 いよいよ今年も待ちに待った 8.17!!!
熊野大花火大会です。
なにをかくそう。私は熊野大花火大会が大大大好き。(詳しくは、KUMANO JOURNALのブログ「熊野大花火が好き」と、「熊野大花火大会が好き好き大好き」をご覧ください)
  
そんな熊野大花火のカッコイーとこを120%表現したTシャツが、熊野市の川向うにある飛び地集落・嶋津の平八工房さんから届きました!(平八工房さんは、「自称・日本一小さな観光協会」も運営されています。詳しくは、KUMANO JOURNAL WEBをご覧ください。)
   

シルエットになっているところは獅子岩。獅子岩近辺からは、本当に花火がこんな風に見られます。
そしてなんとこのTシャツ、平八工房の平野薫禮さんによる、一枚一枚手書き・手作りなのです。(獅子岩のところは自作の型どり。シルクスクリーン仕上げ。もちろん普通に洗濯できますヨ。)
だから、色の組み合わせや、花火の散らばり方、一枚一枚が、まるで違う一瞬の花火のようなのです。だからプリントTシャツとはちょっと違う魅力があるTシャツです。アーティストのなせる業だなぁと見惚れてしまいました。
   
デザインは、なんとなくサイケなところが好き♪ 色合いも実物を見るとけっこう淡い色彩もあって、きれい。海のところなんて、すごい絶妙な色合い。あえて「熊野花火」などの字は一切入っていません。獅子岩が、熊野を物語っています。
      
サイズは、XS、S、M、L、XLがあります。(数が少ないサイズについては、売り切れの場合、少し時間をいただく可能性があります。) 1枚 2900円です。
   
ぜひ、店頭でご覧ください。
   
  
   
   Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/



記事続き
タイトル
タイトル
[衣] 向井ふとん店より。粋!な市木もめん新商品、「草履あさぶら」入荷しました。
記事本文


この季節にうれしい新商品が、向井ふとん店さんから届きました!
わーい、待ってました、と、自分もさっそく購入♪
   

今日はちょっと暑いので、靴下を脱ぎ捨て、さっそく履いています。
足裏涼しー 快適。

これは、「あさぶら」と呼ばれる草履の一種です。
おともとは、坂道の多い瀬戸(愛知県)で歩きやすいように、草履の裏に麻を縫い付けた事から「麻裏(あさうら)」という名前で誕生したそう。その後昭和に入って自転車が普及し、裏に縫い付けられていた麻が自転車のタイヤへと変化し、その頃、なぜか呼び名も「あさうら」から「あさぶら」へと変化したもの。
  
草履の一大産地である、奈良県御所市の職人さんがつくる「あさぶら」の鼻緒に、市木もめんの織り手である向井ふとん店さんオリジナルのテキスタイルが使われています。
   

裏は自転車のタイヤ!滑りにくくて、歩きやすいです。
   

私が履いているのは、「並大」で、24cm。(3,800円)
もう一つ「特大」は26cm。(3,800円)
の2種類が入荷しています。
「特特大」の27.5cmは、予約受付になります。(3,900円)
   
今年の熊野大花火大会で、市木もめんの浴衣と合わせようかな♪
   
熊野の自然を表したかのようなカラフルな市木もめんの「あさぶら」で、粋に夏を過ごしませんか★
   
  
  
Hej hej  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

記事続き
タイトル
タイトル
[衣] 金環日食のアニバーサリーTシャツ(八咫烏ver)在庫、残り1枚(女性M)です。
記事本文

※6月9日に追記
残り一枚の女性用Mの予約をいただき完売しました、ありがとうございます!


※6月8日に追記

金環日食につづき、金星の太陽面追加と、太陽グラスを持った方も多いのではないでしょうか。さて、限定30枚の金環日食ヤタガラスTシャツ、残り一枚になりました。思い出に、いかがですか?
********************
ほかの場所で残った在庫を、デザイナーさんから追加納品されまして、
現在の在庫は、女性用Mが1枚となり、これが正真正銘、最後の1枚になります。
地域外発送も承ります。(送料レターパックだと350円、定形外200円)
詳しくは、お問い合わせください。
      
konohanado@gmail.com 
※@を半角に変えて送信してください。

       

熊野市育生町在住のデザイナーさんが、デザインした、金環日食Tシャツが、お店に届きました。

Yatagarasu symbolizes the sun, and is seen as a divine messenger. Let's feel the mystic energy of the universe in KUMANO.
      
木花堂ではいろいろな八咫烏グッズを取り扱っていますが、このヤタガラスも、かわいい〜!
  
太陽に、月が重なり、はばたく八咫烏。
  
八咫烏は、熊野三山の神々の使いであり、太陽の化身でもあります。
   
神武天皇が大和に攻め入る際に、紀伊半島の西側から太陽に向かって進軍したところ敗戦。しかし半島を海からぐるりと回り、熊野から上陸して太陽を背に進軍したところ、勝利し、大和の国を治めた・・・という日本建国にまつわる日本神話があります。
  
その際に、熊野からの道案内をしたのが、八咫烏です。
   
今回の金環日食、熊野周辺ではもっとも観測に適したエリアの一つとなっています。金環帯が、熊野エリアを通っているからです。(詳しくは、KUMANO JOURNAL のページをどうぞ。)
  
太陽の化身・ヤタガラスの神話が伝わる熊野での、金環日食。そんなアニバーサリーに、こちらのTシャツ、ピッタリですね!
  
このデザインをした方は京都出身で、熊野に移住してこられ、これから熊野周辺で活動していく予定とのこと。今回のTシャツは、制作した数が少ないので、木花堂にはとりあえず、各サイズ1枚ずつ置いています。(女性のM、通常のS、M、L、XL、価格:1,800円) デザイナーさんがお持ちお全体の在庫にもよりますが、当日の21日以降に在庫があれば、しばらくの間は店頭にて販売させていただく予定です。ぜひご覧ください♪
  
      
   
  
  
Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

記事続き
タイトル
タイトル
[衣] 揺れる、葉っぱのピアスとヤタガラスのピアス、入荷しています。
記事本文
*大変申し訳ございませんが、明日15日は臨時休業とさせていただきます*


風に揺れる木の葉の・・・ピアス。
これは、ナギという木の、ほんとうの葉っぱでつくられています。
 
ナギ[梛]・・・マキ科ナギ属の常緑高木。葉の形は楕円状被針形で、針葉樹であるが広葉樹のような葉型。熊野神社及び熊野三山系の神社ではご神木とされている。
 
むかし、熊野詣を果たした巡礼たちは、熊野牛王宝印とナギの葉をお守りにいただいて、帰路についたといわれています。また、熊野比丘尼(熊野信仰をPRするために全国を回った尼さん)たちも、ナギの葉を配って人々に熊野信仰を伝えたといいます。
 
ナギの葉っぱは、よくみると葉脈が変わっていて、葉脈の方向はすごく強くて、ひきちぎることができないほど。葉っぱの丈夫さと、裏と表がまったく同じようにみえることから、「男女の縁が切れないように」とか「裏表のない夫婦生活が送れるように」と願って、お守り袋や鏡袋などにしのばせる風習がありました。かの、源頼朝と北条政子も、ナギの葉を2人で1枚ずつお守りにしていたと伝わっているそうです。(参考:みくまのねっと
  

こちらは、ナギの葉のネックレス(840円)、昨年から取り扱いさせていただいていますが、人気です♪
まだブログでは紹介していなかったような・・・ 今回ピアスも入荷したので、UPしました!(ピアスも、同じ値段です。)
  
これらを作っているのは、みくまのねっとさん。
葉っぱはもちろん、1枚1枚個性があって、1つとして同じものはありません。
ネイティブ系の雰囲気があって、ナギの葉ならではの、繊細かつ力強い感じが、すてきです。
 
そして、もう1つ、揺れるピアス。

  
以前に紹介した、玻璃坊さんの、「ヤタガラス千鳥ピアス」・・・ ヤタガラスは、熊野三山の神様の使いで、3本足のカラスです。その3本足が、揺れる淡水パールで表現されました♪ 
  
・・・かわいい!淡水パールも、3粒表情が違うのを選んであるそうです。こちらは1つ2,600円。玻璃坊さんの、手作りです。
   
揺れるピアスは、気分があがりますよね〜♪
   
***********************************************************

*大変申し訳ございませんが、明日15日は臨時休業とさせていただきます*
先週の日曜日につづいて、今週15日(日)も臨時休業となってしまい、恐縮です。。。
ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承ください。

なお、ゴールデンウィーク中は
4月27日(金)〜5月1日(火) OPEN
5月2日(水) お休み
5月3日(木)〜5月7日(月)OPEN
5月8日(火)以降は通常通り、火、水、木が定休です。

夏頃までに、週5日営業にできればと計画中ですが、まだしばらくは週4日営業となりそうです。
  
  
  
Hej hej  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道の旅のお土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
記事続き
タイトル
タイトル
[衣] 木花堂×Salt Graphic 「熊野かきまぜ」Tシャツ on SAVE KUMANO SHOP!
記事本文


 木花堂とSalt Graphic のコラボTシャツ「熊野かきまぜ」を、本宮町のSAVE KUMANO SHOPに納品してきました。SAVE KUMANO SHOPとは・・・   

記事続き
続きを読む >>
タイトル
タイトル
[衣−アクセ] 八咫烏のチャームネックレス                         "THE MESSENGER OF KUMANO DEITIES"
記事本文

 木花堂のロゴにもなっている八咫烏を、いつも身につけられるように・・ 熊野市在住のシルバークレイ作家・アトリエmiyocoさんにお願いして、コラボレーションで生まれたのがこのネックレス。

 詳しくはHPへ 八咫烏チャームネックレス

 アトリエmiyocoさんによる、1つ1つハンドメイドの品です。可愛くて私自身、かなりの頻度で普段使いしています♪
 
 今回、このネックレスを、1歳と3歳になる娘さんに将来プレゼントしたいということでご購入いただいたので、上古代折箱店さんの杉の木箱に、向井ふとん店さんが織る市木木綿と、尾鷲ヒノキの鉋屑をつかって、ギフトボックスに納めてみました。ぜんぶメイドイン熊野。折箱も、市木木綿と合わせるととてもCute、そして尾鷲ヒノキのおかげで防虫・防湿にもなるという、思いのほか優れものです♪
 大切な娘さんの幸せと健やかな成長を願ってのプレゼントに、この「八咫烏チャームネックレス」を選んでいただいて、本当にウレシイ。お店をするって、こういう喜びがあるんですね。自分自身にとっても、とても励みになりました。ありがとうございます。
    
※八咫烏(ヤタガラス)は、日本神話に登場する熊野三山の神の使いの、三本足の烏。 神武天皇が東征の際に熊野に上陸したとき、八咫烏の道案内で、太陽を背にして進軍して勝利し、大和の国を治めることになりました。 日本神話において八咫烏は"太陽の化身"と考えられたほか、近世に広く起請文や魔除けに使われた熊野三山が発行する熊野牛王宝印においても、ヤタガラスを描いた烏文字が記されています。 正しい道や勝利への導きの精として、今では日本サッカー協会のエンブレムになっています。
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、熊野古道のお土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/   
     

記事続き
右サイドバー1
タイトル

検索

本文


タイトル

プロフィール

本文
タイトル

フリースペース1

木花堂のホームページ
下のロゴをクリックすると、ホームページへリンクします。
タイトル

フリースペース2

つぶやき
タイトル

リンク

本文
タイトル

モバイル

本文
qrcode
タイトル

アザーズ

本文
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR.  (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.